証明書アイコン.png
保証人の変更について

保証人とは

保証人とは、借主様が万が一家賃を払えない場合に代わりに家賃を貸主に払う人を言います。

​保証人には、個人のほか、会社もなることができます。最近は民法の改正や、保証人が支払いを渋る例が多く、会社が保証人となる例が増えております。​

保証人の設定は借主様の義務です

契約時に保証人を設定している場合保証人の設定は、借主様の義務となります。

​したがって、保証人が高齢になった場合や、収入が減少した場合、死亡してしまったというような場合には保証人の変更が必要となります。

保証人は誰でもなれるの?

保証人は、誰でもなれるわけではありません。​借主様が万が一家賃を支払えない場合に代わりに家賃を払うだけの経済的余裕がなければなりません

保証人の変更は貸主様の承諾が必要です

保証人は、貸主様と借主様との契約ではなく、貸主様と保証人との契約となります。

そのため、保証人を変更するには貸主様の承諾(審査)が必要となります。

​したがって、保証人として認められるには審査が必要となり、審査に通らない場合には別の保証人が必要となります。